連絡先 & 略歴

HM picture

増永 浩彦

〒464-8601 名古屋市千種区不老町
名古屋大学 宇宙地球環境研究所
電話:(052)789-5413
FAX:(052)788-6206
Email: masunaga@nagoya-u.jp

研究所共同館I 6階625号室にいます。

学歴

1990年3月 東京都立八王子東高校 卒
1990年4月 東京大学教養学部理科I類 入学
1992年4月 東京大学理学部天文学科 進学
1994年3月 同 卒
1994年4月 東京大学大学院理学系研究科天文学専攻 修士課程 入学
1996年3月 同修了 修士(理学)
1996年4月 東京大学大学院理学系研究科天文学専攻 博士課程 進学
1999年3月 同修了 博士(理学)

職歴

1997年 4月−1999年3月 日本学術振興会 特別研究員 DC2
1999年 4月−1999年9月 東京大学気候システム研究センター 博士研究員
1999年10月−2002年4月 宇宙開発事業団 地球観測データ解析研究センター(現:宇宙航空研究開発機構 地球観測研究センター) 宇宙開発特別研究員
2002年 5月−2004年4月 米国コロラド州立大学 博士研究員
2004年 5月−2006年6月 米国コロラド州立大学 リサーチサイエンティストII
2006年 7月−2007年3月 名古屋大学地球水循環研究センター 助教授
2007年 4月−2015年9月 同 准教授(法改正に伴う名称変更)
2015年10月−現在 名古屋大学宇宙地球環境研究所 准教授(学内組織再編に伴う所属変更)

職歴等(兼任他)

2009年 4月−2011年3月 千葉大学環境リモートセンシング研究センター 客員准教授

研究テーマ

衛星気象学および気候学
熱帯対流と大規模大気場の力学
対流と結合した赤道波およびマデンジュリアン振動
熱帯大気海洋相互作用
亜熱帯海洋の下層雲
衛星データ解析アルゴリズム開発
衛星データ・シミュレータ−の開発およびた雲モデル検証

外部資金スポンサー

日本学術振興会
宇宙航空研究開発機構

(獲得外部資金一覧は 研究業績/獲得資金をご覧下さい)

所属学会

日本気象学会
米国気象学会
米国地球物理学連合

各種委員など

気象集誌 編集委員 2010年7月−
気象集誌特集号/特別号 臨時編集委員 2009年
日仏先端科学シンポジウム プラニンググループメンバー(PGM) 2010-12年度(2011年度主査)
全球エネルギー・水相互交換研究計画(GEWEX)データ・評価パネル(旧放射パネル)委員 2010-

研究業績(論文等)抜粋

Masunaga, H. and Y. Sumi, 2017:
A toy model of tropical convection with a moisture storage closure
J. Adv. Model. Earth Syst., 9, doi:10.1002/2016MS000855. [PDF] © Authors CC lic.

Masunaga, H., and Z. J. Luo, 2016:
Convective and large-scale mass flux profiles over tropical oceans determined from synergistic analysis of a suite of satellite observations
J. Geophys. Res. Atmos., 121, doi:10.1002/2016JD024753. [PDF] © Authors CC lic.

Masunaga, H., 2015:
Assessment of a Satellite-based Atmospheric Budget Analysis Method with CINDY2011/DYNAMO/AMIE and TOGA COARE Sounding Array Data
J. Meteor. Soc. Japan, 93A (Special issue on the Coordinated International Field Campaign on the Madden-Julian Oscillation), 21-40, doi:10.2151/jmsj.2015-032. [PDF] © Meteorological Society of Japan

Masunaga, H. and Tristan S. L'Ecuyer, 2014:
A mechanism of tropical convection inferred from observed variability in the moist static energy budget
J. Atmos. Sci., 71, 3747-3766. [PDF] © American Meteorological Society

Masunaga, H., 2013:
A satellite study of tropical moist convection and environmental variability: A moisture and thermal budget analysis
J. Atmos. Sci., 70, 2443-2466. [PDF] © American Meteorological Society

Masunaga, H., 2012:
A satellite study of the atmospheric forcing and response to moist convection over tropical and subtropical oceans
J. Atmos. Sci., 69, 150-167. [PDF] © American Meteorological Society

Masunaga, H. and T. S. L'Ecuyer, 2011:
Equatorial asymmetry of the east Pacific ITCZ: Observational constraints on the underlying processes
J. Climate, 24, 1784-1800. [PDF] © American Meteorological Society

Masunaga, H., T. Matsui, W.-K. Tao, A. Y. Hou, C. D. Kummerow, T. Nakajima, P. Bauer, W. S. Olson, M. Sekiguchi, and T. Y. Nakajima, 2010:
Satellite Data Simulator Unit (SDSU): A multi-sensor, multi-spectral satellite simulator package
Bull. Amer. Meteorol. Soc., 91,1625-1632. [PDF] © American Meteorological Society

Masunaga, H., 2009:
A 9-season TRMM observation of the Austral Summer MJO and Low-frequency Equatorial Waves
J. Meteor. Soc. Japan, 87A (Special issue on Precipitation Measurements from Space), 295-315. [PDF(8.4Mb)] ©Meteorological Society of Japan

Masunaga, H., M. Satoh, and H. Miura , 2008:
A Joint Satellite and Global Cloud-Resolving Model Analysis of a Madden-Jullian Oscillation Event: Model Diagnosis
J. Geophys. Res., 113, D17210, doi:10.1029/2008JD009986. [PDF] © American Geophysical Union

Masunaga, H., 2007:
Seasonality and Regionality of the Madden-Julian Oscillation, Kelvin Wave, and Equatorial Rossby Wave.
J. Atmos. Sci., 64, 4400-4416. [PDF] © American Meteorological Society

Masunaga, H., T. S. L'Ecuyer, and C. D. Kummerow, 2006:
The Madden-Julian Oscillation Recorded in Early Observations from the Tropical Rainfall Measuring Mission (TRMM).
J. Atmos. Sci., 63, 2777-2794. [PDF] © American Meteorological Society

Masunaga, H. and C. D. Kummerow, 2005:
Combined Radar and Radiometer Analysis of Precipitation Profiles for a Parametric Retrieval Algorithm.
J. Atmos. Oceanic Tech., 22, 909-929. [PDF] © American Meteorological Society

その他の業績を含めた完全な一覧は こちらに網羅されています。

招待講演

H. Masunaga:
Radiative regulation of tropical convection as implied from satellite observations, Future of Cumulus Parametrization Workshop, オランダ デルフト (2017年7月).

H. Masunaga and Z. J. Luo:
Large-scale and Convective-scale Updraft Profiles from Satellite Observations, "Tropical and Midlatitude Convective Systems and Their Roles in Weather and Climate", American Geophysical Union Fall Meeting, 米国カリフォルニア州サンフランシスコ (2015年12月).

H. Masunaga:
Free-tropospheric Moisture Convergence and Tropical Convective Regimes
The Climate Symposium 2014, ドイツ ダルムシュタット (2014年10月).

H. Masunaga:
Satellite Data Simulators and Their Applications to Cloud Model Evaluation
The 8th Workshop on Satellite Data Application for Global Environmental Monitoring, 韓国ソウル (2014年10月).

H. Masunaga:
Microwave Precipitation Measurements from Space: Heritage from TRMM and future with GPM
The 8th Workshop on Satellite Data Application for Global Environmental Monitoring, 韓国ソウル (2014年10月).

H. Masunaga:
Satellite Observations of Large-scale Vertical Motion over the Indian Ocean
Asia Oceania Geosciences Society 2014 Conference, 札幌市 (2014年7月).

H. Masunaga:
The Evolution of Tropical Convective Systems Inferred from Satellite Measurements of Convective Updraft and Surrounding Downdraft
Aisa Oceania Geosciences Society 2014 Conference, 札幌市 (2014年7月).

H. Masunaga:
Thermal and moisture budget of tropical moist convection analyzed with multi-satellite observations
Gordon Research Conference: Radiation & Climate, 米国ニューハンプシャー州ニューロンドン (2013年7月).

H. Masunaga, M. Satoh, and H. Miura:
An application of TRMM and CloudSat observations to global model diagnosis
"Innovative applications of satellite and ground observations in evaluating general circulation models", American Geophysical Union Fall Meeting, 米国カリフォルニア州サンフランシスコ (2008年12月).

H. Masunaga, M. Satoh, and H. Miura:
An application of TRMM and CloudSat observations to global model diagnosis
Third international workshop on high-resolution cloud modeling - Tropical cyclones and climate, 米国ハワイ州ホノルル (2008年12月).

増永浩彦:
次世代地球観測衛星を用いた気象学研究の展望
日本気象学会125周年記念国際シンポジウム「次世代の大気科学に期待すること」, 東京都渋谷区(2007年5月).

H. Masunaga:
Improvement of GPROF
International workshop on precipitation retrieval algorithms using satellite microwave radiometer, radar, and IR data, 東京都小金井市 (2003年3月).



増永浩彦 ホーム

研究室のページ

Last modified: Wed Feb 15 12:07:18 2017